頭皮の血行を促進

医薬品の育毛剤はどのような事に重点を置いて治療しているの?

育毛剤には、医薬品と医薬部外品があります。
それぞれメリットやデメリットに違いがあるのですが、特に即効性を期待することができるといわれている、医薬品の育毛剤は、どのようなことに重点を置いて治療しているのでしょうか。
詳しくみていくことにしましょう。

そもそも医薬品は、医療機関で専門的な治療を受け、処方箋によって出される薬の事を指しています。
内服薬と外用薬に分かれており、治療の内容は以下の通りです。
まず、内服薬についてですが、抜け毛や薄毛の治療を行う際に使用されることがほとんどです。

また、DHTと呼ばれる強力な男性ホルモンを、抑制する際に使われる薬としても有名だといえます。
DHTと呼ばれる男子ホルモンには、抜け毛や薄毛を促す働きがあるため、内服薬によってその働きを食い止めるのです。
次に外用薬についてですが、こちらは毛細血管の拡張、血液の循環を促す際に使用されます。

血液に含まれている、栄養素や酸素などが毛根まで行き届かないと、抜け毛や薄毛が発生しますので、毛細血管を拡張し、血液の循環を促して、発毛しやすい頭皮環境を作る目的で使用される薬だといえるでしょう。
また、直接頭皮に湿布するタイプの薬が多いといえます。
以上のことから、抜け毛や薄毛の原因を取り除き、発毛しやすい頭皮環境を作ることに重点を置いた治療を行う際に、これらの薬が使用されることが分かります。
ただし、医薬品を使用したからといって、必ずしも効果を期待することができるというわけではありません。

それだけではなく、強力な効果がある薬は、それだけ副作用が大きいともいえるのです。
場合によっては、より強力な薬でなければ効果が表れなくなったり、抜け毛や抜け毛が悪化するケースもあります。
尚、医薬部外品と比較すると、費用が高額だともいえますので、継続的に使用することが難しいという人もいるでしょう。
ですから、医薬品の育毛剤を使用する際は、十分に医師と相談した上で使うことをおすすめします。