頭皮の血行を促進

育毛剤は頭皮に刺激を与える成分が含まれているというのは本当?

育毛剤には、頭皮に刺激を与える成分が含まれているというのは、本当なのでしょうか。
これは、必ずしも本当だと言うことはできません。
なぜなら、商品によって全く違うからです。
とはいえ、頭皮に刺激を与える成分が含まれている育毛剤が、存在することは事実だと言えます。

代表的な例としては、アルコールを挙げることができるでしょう。
育毛剤を使用したことがある人は、より分かりやすいといえますが、頭皮に直接育毛剤を付けた際、スーッとした爽快感を感じたことはないでしょうか。
最近は、頭皮への刺激を少なくするために、爽快感が全くない育毛剤も登場しましたが、あの爽快感にはアルコールが関係しています。
ようするに、強い爽快感があるということは、それだけアルコールが多く含まれているということです。

アルコールは、頭皮にある毛細血管を拡張するために必要な成分ではありますが、過剰に含まれていると頭皮がアルコールに負けて荒れてしまいます。
育毛剤を使用した際に、爽快感があると効き目があるように感じてしまいますが、基本的には爽快感と効き目は全く関係ありません。
ちなみに、アルコール以外でも、頭皮に刺激を与える成分は多数存在します。

例えば、皮脂の過剰分泌を抑制するために使用される、ラウリル硫酸Naと呼ばれる成分が当てはまります。
ラウリル硫酸Naの場合、微量であれば皮脂を適度に分解してくれるため役立つといえますが、育毛剤の中に過剰に含まれていると、頭皮が荒れたり湿疹が発症する恐れがあります。
その他にも、頭皮に刺激を与える成分として、パラベン、シリコン、合成ポリマー、着色料、香料などがありますが、これらの成分が含まれていない育毛剤は多数存在しますので、できるだけそのような育毛剤を使用するようにしたいものです。
育毛剤のボトルや梱包されている箱には、必ず成分表示があります。
成分配合が多い順番から記載されていますので、頭皮に負担を掛ける成分が上位に記載されている商品は、避けるようにしたいものです。