頭皮の血行を促進

育毛剤を構成している栄養素はどのようなものがありますか?

育毛剤の中には、育毛効果がある薬剤だけではなく、栄養素も含まれています。
そこで、特に有名な栄養素を4つ取り上げ、詳しく解説していくことにしましょう。

まず1つ目は、ビタミンです。
毛髪は、たんぱく質やコラーゲンなどで構成されていますが、ビタミンはこれらの栄養素を支える重要な役割を果たしています。
そのため、育毛剤に取り入れることによって、より有効成分が頭皮や毛根に吸収されやすくなるため、欠かすことができない栄養素だといえるのです。

2つ目は、L-リジンです。
発毛効果を期待することができる栄養素だと言われており、アミノ酸の1種として知られています。
体内で生成することができない栄養素ですので、食品などから摂取する必要があるのですが、血管を拡張する医薬成分であるミノキシジルと合わせて取り入れると、より育毛効果を発揮します。
そのため、日本国内や海外で販売されている育毛剤の中に、L-リジンはよく含まれているのです。

3つ目は、イチョウエキスです。
イチョウエキスには、血流を促進する働きがあるといわれており、古くから世界各国で使用されてきました。
医療、美容の両方で使用されている成分ですが、植物性ですので副作用の心配がなく、安心して使用できるといえるでしょう。
そのため、頭皮の血行を促進するために、多くの育毛剤で使用されている成分だと言えます。

最後の4つ目は、亜鉛です。
亜鉛は、細胞の新陳代謝と深く関わっており、毎日摂取しなければならない栄養素として知られています。
1日の摂取量は、男性で8mg、女性で6mgとなっていますが、体内で亜鉛が不足してしまうと抜け毛や肌荒れが目立つようになりますので、育毛を行っていく上で欠かすことができない栄養素だと言えるのです。

以上4つの栄養素についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
この他にも、育毛剤には、様々な栄養素が含まれていますが、そのほとんどは毛髪の育成に関係していたり、毛髪を作る細胞に必要な栄養素だといえます。
育毛剤を選ぶ際は、このような栄養素がたっぷりと含まれているかをチェックするようにしましょう。