頭皮の血行を促進

育毛剤は化粧品として扱う事が出来るの?

育毛剤は、化粧品として扱う事が出来るのでしょうか。
答えは、化粧品として扱うことができるということになります。
そもそも、育毛剤の種類は、医薬品、医薬部外品、化粧品の3つです。

あまり知られていないのですが、実は化粧品に分類されている育毛剤は、以外と多いといえます。
医薬品は明らかに薬剤として扱われていますので、明確に区分けされますが、医薬部外品や化粧品に関しては明確に区分けされていません。
例えば、育毛シャンプーはヘアケアの分野に入りますので、商品によっては医薬部外品ではなく、化粧品として販売されていることもあります。
ところで、気になる効果はどのようになっているのでしょうか。

基本的には、医薬品や医薬部外品と比べると、育毛や発毛の効果はほとんど期待できないといえます。
では、なぜ化粧品に分類されている育毛剤が存在するのでしょうか。
それは、頭皮環境の改善や、毛髪に関連する細胞の活性化に役立つからです。
化粧品に分類されている育毛剤のみでは、確かに劇的な効果は期待できませんが、化粧品の中に含まれている成分の中には、頭皮を保護する成分や、新陳代謝や血行を促す成分が含まれているケースがあります。

また、頭皮も毛髪も、元々は皮膚と同じくタンパク質などから構成されているものです。
ということは、普段スキンケアなどで使用されている成分は、頭皮や毛髪にも有効だということになります。
最近は、頭皮ケアをしながら育毛剤を使用することが推奨されてきており、医薬品や医薬部外品の育毛剤と、化粧品に分類されている育毛剤を同時に使用する人が増えています。
それだけではなく、医薬品や医薬部外品と一緒に使用しても、副作用などが起こるケースがほどんどないため、安心して使用することができるのです。
以上のことをまとめると、育毛剤の種類によっては化粧品として扱うことができる商品があり、医薬品や医薬部外品と組み合わせて使用すると、より高い効果を期待することができるということになります。