頭皮の血行を促進

海外育毛剤で一番注意しなければいけない点というのはどのような物ですか?

海外育毛剤は個人でも輸入が可能なため、インターネットを通じて比較的簡単に手に入れることが可能です。
日本国内で販売されている育毛剤よりも、効果が高い商品が多いと言われていますが、だからこそいくつかの注意点があります。
それでは、海外育毛剤で一番注意しなければならない点について、詳しくご紹介するようにしましょう。

まず1つめは、副作用です。
育毛剤としての効果が高いということは、その分副作用を伴う恐れがあるといえます。
ですから、購入する際は十分に注意する必要があるのです。
例えば、よく見掛けるフィナステリドhttp://www.grobalworld.com/9.html、ミノキシジルhttp://www.gumgum.org/min.htmlなどが含まれた育毛剤を使用する場合、濃度に気をつけれなければなりません。
フィナステリドは、元々、前立腺肥大症や前立腺癌で使用されていた医薬品です。
治療のため、フィナステリドを投与していた際、毛髪が濃くなる薬効を発見し、以後、男性ホルモンが深く関係している抜け毛や、薄毛の治療に使用されるようになりました。

また、ミノキシジルは、血管を拡張する薬として作られた成分で、元々は高血圧の経口薬として使用されていたことで有名です。
ミノキシジルの場合も、投薬中に育毛効果や脱毛を抑制する薬効が発見され、育毛剤として使用されるようになったのです。
以上のことから、元々発毛目的で開発された薬ではないことが分かりますが、だからこそ副作用が恐ろしいのです。
実際に、フィナステリド、ミノキシジルなどの濃度が濃い育毛剤を使用した際、性欲の減退や精液の減少、かゆみや湿疹などの副作用が報告されています。
そのため、初めて使用する場合は、必ずどのような成分が含まれているのかを確認し、できるだけ濃度が低い商品から使用するようにしましょう。

2つ目は、育毛剤の中に含まれている、アルコールの濃度を確認するということです。
アルコールは、頭皮にある毛在血管を拡張するために、欠かすことができないものですが、海外の育毛剤はアルコール濃度が高い傾向にあります。
アルコールが強過ぎると、肌荒れを起こしたり、炎症を起こす可能性がありますので、必ず濃度をチェックする必要があるのです。
一言で、海外の育毛剤と言っても、初心者向けの商品や、慢性的な薄毛で悩んでいる人向けの商品まで様々です。

また、内服薬もあれば、外用薬もあります。
自分の体質や、薄毛の原因に合った育毛剤を使用する必要がありますが、特に内服薬は効果が強いケースが多いため、その場合は錠剤を4〜5等分程度に割って服用しなければなりません。
ただし、素人が簡単にできることではありませんので、どうしても使用した場合は医師に相談した上で使用するようにしましょう。