頭皮の血行を促進

育毛剤と発毛剤の決定的な違いはどのようなものですか?

育毛剤と発毛剤の決定的な違いは、どのようなものなのでしょうか。
詳しくみていくことにしましょう。
一言で、育毛剤と発毛剤の違いを言い表すとするならば、現在ある髪の毛を育てるか、現在は存在しない髪の毛を発毛させるかの違いだといえます。

そのため、髪の毛にコシや艶がなく、全体的に髪の毛が細くなり、抜け毛が目立ってきたという場合は、育毛剤を使用することになるでしょう。
一方、発毛剤は、抜け毛が酷く、地肌が見えてきてしまった際に使用すると効果的です。
場合によっては、両方を併用することもありますが、商品同士の相性がありますので、含まれている成分について詳しくチェックしておく必要があるといえます。

また、髪の毛を元気にする育毛剤よりも、発毛剤の方が副作用が高いといわれています。
これは、使用されている成分などによっても違ってきますが、多くの発毛剤には、元々医薬品として使用されていた薬剤が含まれていることがほとんどです。
そのため、使用する場合は、医師による診察やアドバイスを受けることをお勧めします。

万が一、副作用が起こって、なんらかの症状が現れた際に、すぐに対応することができますので、安易には考えず個人の判断で発毛剤を購入することは避けましょう。
それから、育毛剤と発毛剤の両方に共通していることではありますが、必ず毛周期を考えた使用を心掛けるということです。
髪の毛には、生まれ変わるサイクルがあり、育毛剤や発毛剤を使用し始めた頃は、この毛周期が乱れていることがほとんどです。
ということは、毛周期の乱れがなくなり正常なサイクルになってから、初めて育毛剤や発毛剤の効果を実感するということになります。

人によって毛周期の乱れ具合に違いがありますので、どのくらいの期間で改善するかを言い切ることはできませんが、最低でも3ヶ月から6ヶ月は見ておいた方が良いといえるでしょう。
このように、育毛剤と発毛剤は基本的に全く違うものです。
用途に合わせて使用するようにしましょう。