頭皮の血行を促進

気長にしようした育毛剤の効力はどのくらいですか?

気長にしようした育毛剤の効力は、どのくらいなのでしょうか。
即効性を謳っている商品が数多くある中で、なかなか結果が伴わないと悩んでいる人が多いことから、育毛剤の効力について気になるケースが多いようです。
基本的には、どんなに優れた育毛剤でも、即効性があるものは副作用を伴う為、長期戦で使用することがほとんどだといえます。

なぜなら、髪の毛には生まれ変わる周期が存在するため、健康な頭皮を取り戻し、コシのある元気な髪の毛にするまでには、どうしても時間が掛るからです。
ようするに、適切な商品を気長に使用すればするほど、より効力を実感することができるということになります。
また、育毛剤の効果には個人差があります。

一ついえるのは頭皮環境が整っていなくては効果はあまり実感できないようです。
頭皮環境を整えるには育毛シャンプーで日頃からスキンケアしておかなければなりません。 http://www.soulclipse.com/skincare.htmlにシャンプーの効果について詳しくかいてありますのでご覧ください。

先ほどいった個人差とは、頭皮の状態や髪質の状態が関係していますが、抜け毛が酷くすっかり髪の毛が抜け落ちて地肌が見えてしまっている場合は、回復するまでに時間が掛ってしまうものです。
一方、髪の毛は生えているものの、1本1本が細くコシがない毛髪になっている場合は、頭皮の環境を整え、十分な栄養を頭皮に与えることによって、徐々に太くて元気な毛髪へと生まれ変わっていきます。
尚、育毛剤を使用して、一番初めに実感する変化は髪質です。
その後、徐々に髪の毛の伸び方に違いが表れるようになり、毛周期が元通りに戻っていきます。

そして、何度か髪の毛の生え変わりを繰り返し、健康な頭皮や髪の毛を取り戻していくのです。
毛周期は、成長期、退行期、休止期の3つに分かれており、それぞれ目安となる期間が設けられています。
成長期が2〜6年前後、退行期が2〜3週間、休止期が2〜3ヶ月です。

ちなみに、成長期が発毛して髪の毛が伸びていく期間、退行期が抜け毛が始まる期間、休止期は発毛を準備する期間といわれています。
多くの育毛剤メーカーが、6ヶ月以上の使用を勧める理由は、この毛周期が関係しています。
ようするに、どんなに効果がある育毛剤でも、退行期や休止期から使用し始めた場合、効果をあまり実感することができなくて当然なのです。
6ヶ月以上の使用すると、よほど毛周期が酷く狂っていない限りは、成長期に向けて健康な髪の毛を作り始めます。
以上のことから、気長に使用した育毛剤の効力は高いということができるのです。