頭皮の血行を促進

男性用と女性用の育毛剤の構成成分に違いはありますか?

育毛剤には、男性用と女性用が設けられています。
そもそも、男性用と女性用の育毛剤の構成成分には、違いがあるのでしょうか。
詳しく見ていくことにしましょう。

まず、結論から言いますと、男女それぞれの育毛剤に含まれている構成成分に、違いがあることは事実です。
なぜ、構成成分に違いがあるのかといいますと、そもそも男性が薄毛になる理由と、女性が薄毛になる理由が違うからです。
男性の場合、生活習慣や食生活が原因で薄毛になることもありますが、前頭部から毛髪が薄くなり始めている場合、男性ホルモンが深く関係しているといわれています。
そのため、多くの男性用の育毛剤には、男性ホルモンを抑える成分が含まれているのです。

一方、女性の場合はどうなのでしょうか。
女性の薄毛の原因としては、老化、ストレス、間違ったケア、生活習慣や食生活の乱れを挙げることができます。
また、髪の毛が薄くなる場所は、ほとんどの場合頭頂部が多く、男性とは違って全体的に薄くなっていきます。
そのため、女性用の育毛剤の構成成分としては、頭皮の乾燥を防ぎ、栄養分を与える成分が多く含まれていると言えるのです。

男性の薄毛の場合でも、頭皮や毛髪への栄養が不足しているケースが多々ありますので、そのような場合は女性用の育毛剤を使用しても効果が表れやすいといえます。
しかし、薄毛になっている場所が、先ほどもご紹介した通り前頭部である場合は、頭皮や毛髪を健康にしつつも、男性ホルモンを抑制しなければならないため、女性用の育毛剤では十分な効果を実感することができないのです。
これは、女性の場合も同様で、そもそも女性の体内には男性ホルモンがほとんどないため、男性ホルモンを抑制する成分が含まれている男性用育毛剤を使用しても、効果が表れないのは当然だといえるでしょう。
以上のことから、男性用と女性用の育毛剤の構成成分には違いがあり、自らの薄毛の原因に対応した、適切な育毛剤を使用することが重要だということが分かります。