頭皮の血行を促進

頭皮に負担をかけない育毛剤とはどのようなものですか?

効果や効能を強く謳っている育毛剤は、頭皮に負担を掛ける成分が多く含まれています。
頭皮へ負担を掛けてしまうということは、結果的に抜け毛や薄毛を進行させていきますので、使用を避けなければなりません。
では、頭皮に負担を掛けない育毛剤とは、どのような商品なのでしょうか。
具体的に、ご紹介していくことにしましょう。

まず1つ目は、育毛や発毛に効果があると言われている成分が、低濃度だということです。
例えば、頭皮の血行を促進するために使用される、ミノキシジルという成分は、血管を拡張させ血行を促す働きがあるといわれています。
抜け毛や薄毛に悩む多くの人は、頭皮の血行が悪く、毛根に十分な栄養を送ることが出来ていないケースが多いため、ミノキシジルを使用して
血行を促進することで、徐々に毛根に栄養が行き渡るようになり、育毛効果を実感することができるのです。

しかし、過剰に使用してしまうと、かゆみなどの副作用を引き起こすといわれています。
ですから、使用中に強いかゆみを感じるようなことがあれば、即使用を中止する必要があるのです。
以上のことから、育毛効果を期待することができる成分が高濃度であるほど、強い副作用が伴うことが分かります。
ですから、育毛や発毛に効果があると言われている成分が、低濃度であった方が頭皮に負担を掛けないのです。

2つ目は、植物性の成分が配合されていることです。
植物性成分は、肌に負担を掛けないことで知られています。
一言で植物性成分と言っても、様々な成分がありますが、人間の毛髪はタンパク質で作られており、良質な植物性タンパク質を使用した方が、健康な頭皮や毛髪を取り戻すことができるのです。

3つ目は、添加物が含まれていないということです。
添加物は、毛根を詰まらせたり、皮脂を無理矢理取り除くなど、頭皮に悪影響を与えることで知られています。
厚生労働省が指定している103種類の成分が、育毛剤の中に含まれていないかチェックすることは必須ですが、最近はそれだけでは不十分になってきているようです。
なぜなら、103種類以外にも、頭皮や毛髪に悪影響を与える添加物は多数あるからです。

そのため、商品に含まれている成分について、詳しい解説がなされている育毛剤を選ぶ必要があるといえます。
以上3つのポイントが、頭皮に負担を掛けない育毛剤の特徴ということになるでしょう。