頭皮の血行を促進

育毛剤はどのような効果を出しているの?

最近は、あらゆる育毛剤が登場し、誰でも気軽に試すことができるようになりました。
いわゆる毛はえ薬として利用する人が多いといえますが、そもそも育毛剤にはどのような効果があるのでしょうか。
詳しくご紹介していくことにしましょう。

まず、育毛剤には3つの大きな働きがあるといわれています。
1つ目は、血行を促進する効果です。
血液の中には、栄養や酸素が含まれていますが、血流が悪いと体の隅々まで栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。
そのため、結果的に毛根の新陳代謝が低下し、頭皮が栄養失調となり、だんだんと薄毛になっていくのです。
ですから、育毛剤の中には、頭皮の血行を改善する作用が含まれています。

2つ目は、血管を拡張する効果です。
毛細血管から送り込まれた血液は、毛根へ栄養や酸素を届けていますが、この毛細血管が狭くなっていると、毛根までスムーズに栄養や酸素を届けることができなくなってしまいます。
そうすると、いくら体内の血行を良くしても、発毛につながっていきません。
以上の理由から、育毛剤には血管を拡張する作用も含まれているのです。

最後の3つ目は、毛根へ多くの栄養を与える効果です。
毛根は、髪の毛を作る大元といっても過言ではありませんが、血管が拡張し、血流がスムーズになると、発毛しやすい頭皮環境へと改善していくことができます。
その上で、毛根に栄養をたっぷりと与えると、発毛を促すことが出来るようになるのです。
このように、育毛剤には3つの効果を期待することができるのですが、この3つの効果が表れ始めるようになると、徐々に毛周期が整い始めるといわれています。
毛周期が整う期間には個人差があり、大体6ヶ月から1年かかるといわれていますが、一度狂ってしまった頭皮環境を整えるためには、それだけの時間が必要なのです。

また、いきなり毛が生え始めるというわけではありません。
最初は、発毛よりも、現在生えている髪の毛が太くなったり、ハリが出てきたことを実感し、それから発毛していくという流れが一般的です。
つまり、育毛剤には毛髪を生やす効果があるわけではなく、毛髪が生えやすくなる頭皮環境を作る効果があるといえるのです。
また、育毛剤を使い始める前に育毛シャンプーというものから始めることをおすすめします。
http://xn--x-lfuqezb9d9bu607do38a.com/にその理由が説明されています。